即日融資|今すぐお金を借りたい時の完全ガイド

お金を借りる方法には、さまざまな方法があります。
将来を考えてマイホームを建てたいというときや、子供の教育のためにお金を借りたいという場合は、銀行の目的ローンで借りるのが一般的です。

 

日常生活を続けていると、思ってもいなかった出費があり、給料日までの間どこかで借らなければならなくなったときは、キャッシングでお金が借りられます。
キャッシングの即日融資は、すぐにお金が必要になったとき、申込さえすればその日にお金が借りられる便利なシステムで、継続した収入があれば誰でも申込ができます。

 

即日融資は申込時間が需要

キャッシング会社のホームページを見ると即日融資で借りるときは、何時までに契約や手続きを済ませておく時間が決まっています。
ほとんどの場合、平日の午後2時までに契約や手続きが終わっていれば、指定した銀行口座へ振込をしてもらえますので、振込が完了すれば銀行のキャッシュカードを使ってお金が引き出せるようになります。

 

ただ、申込をする曜日や時間帯によっては混雑するため、審査に時間がかかってしまう場合もあり、銀行の営業時間内に間にあわないということもあります。
即日融資で借りたい時は、時間に余裕を持たせるために、できれば前日の夜か当日の午前中には申込を済ませるのがポイントです

 

審査をスムーズに終える為に書類を用意しておく

必要書類とは本人確認書類と呼ばれる書類で、申込者が本人であることを確認するための書類です。
本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写し、どれかひとつを用意する必要があります。

 

また申込書に記入した住所と、運転免許証に記載されている住所が違うときは、社会保険料の領収証や納税証明書、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)も必要になります。

 

これらの書類はキャッシングの申込で、必ず必要になる書類なるので審査をスムーズに進めるためにも事前に携帯カメラやスキャナを使って画像保存しておきましょう。
また借入希望額によっては収入証明書類が必要になりますが、審査を通りやすくするためにも収入証明書類を用意しなくてもよい借入希望額にしておきましょう。

 

収入証明書類が必要になる借入希望額

消費者金融やクレジット会社は、貸金業法の対象になります。
貸金業法の総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」と制限されています。

 

そのため、消費者金融やクレジット会社でキャッシングをするとき、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社に借入があるとき、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる時は、最新の源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書などを提出してもらい、年収を確認することが義務付けられています。

 

銀行カードローンは貸金業法が適用されないため、総量規制の対象外になります。
銀行は独自の基準を設けているので、100万円以下は収入証明不要の銀行や、200万円、300万円まで収入証明書類が不要のカードローンがあります。

 

即日融資で借りる時は、収入証明が必要になる借入希望額になると審査も厳しくなるので、消費者金融へ申込む時は50万円以下、他社借入がる場合は合計金額が100万円以下で申込めば、審査に時間がかかりません。

 

銀行カードローンなら100万円以下は不要なので、借入希望額が少しくらい多くても収入証明書類が不要で申込ができます。

 

即日融資の申込方法

キャッシングの申込方法には、郵送や電話、無人契約機、パソコンやスマホを使ってインターネットを利用した申込方法があります。
インターネット申込は24時間どこからでも申込ができるので、昼間時間が取れないかたや、店舗に出入りしているところを見られたくない女性にとって人気のある申込方法です。

 

申込は簡単で、キャッシング会社のホームページから申込書に記入して送信します。
送信が終わると仮審査がおこなわれ、審査結果がメールや電話に入ってきます。
審査結果を確認した後、画像保存した本人確認書類をメールに添付して送信すると本審査がおこなわれ、審査に通れば契約になります。
もし、契約が銀行の営業時間外になった場合や、土日祝日に借りたい時は無人契約を併用する方法もあります。

 

無人契約機なら365日利用が可能

大手消費者金融や一部の銀行カードローンは無人契約機を設置しているところがあります。
無人契約機は365日午前9時から午後9時、10時まで営業していますので、契約が銀行の時間外になった時や、土日や祝日に借りたいという場合でも無人契約機を利用すれば即日融資でお金が借りられます。

 

キャッシング会社のホームページから申込をして、仮審査まで終えておきます。
その後、本人確認書類を用意して無人契約機へ行き、無人契約機で本審査を受けます。
本審査に通ればその場で契約書を交わすとカードが発行されますので、そのカードを使って提携ATMからお金が引き出せるようになります。


このページの先頭へ戻る